お肌のトラブルにお悩みのママへ

肌ちえ 主催:日本肌育学会

  • プライバシーポリシー
  • サイトマップ
  • お問い合わせ

肌育相談 お肌に関するご相談に日本肌育学会がお答えします。

  • 新着順
  • 生活・環境編
  • 食事編
  • メンタル編
  • 病気・治療編
  • ご相談は無料 掲載許可を頂いた方のみご紹介しています

30代 Sさん

子どものブツブツについて質問です

4歳のこどもの肌について質問です。 毎年5月に入り暑くなってくると、あせもみたいに背中と首にブツブツができます。かかりつけの小児科で薬を処方されましたが、首回りが黒く肌がくすんできました。薬を塗らないとかゆいみたいで、どんどんかいてしまいます。(首~背中にかけてと、頭の中にも赤みがある) また、10ヶ月の下の子にも同じように出来始めました。なんとか薬を使わずに綺麗に治してあげたいのですが、どうしたらいいですか? あせもの対処法もあればお願いします。

肌育学会からの回答

子どもの肌を守り育てるには、お水・食べ物・空気(お外もお部屋も)・メンタル・運動・スキンケア・・・等々。

色々な事が大切だという観点から、Sさんの日常生活の事について少し教えていただきました。

(ご使用のボディソープ、洗濯洗剤、柔軟剤、1日あたりの飲み水の量、飲んでいるお水の種類等)

 

Sさんのご家庭では、無添加のボディソープを使用。洗剤は市販の柔軟剤入りのもの。

(10ヶ月のお子さまには、赤ちゃん用の無添加のものを使用)

浄水器を通したお水を沸かしてお茶を作り、それを1日1~1.5ℓほど飲まれているそうです。

お子さまは牛乳が大好きですが、出来るだけ1日コップ一杯に抑えるようにされている事も分かりました。

 

無添加という言葉だけでは、本当にお肌に優しいとは限らないのが悲しいけど現実です。

(パッケージの裏に記載されている有効成分の表示をよく見る事が大切です)

Sさんのお子さまの場合、おそらく洗剤の中に含まれる合成界面活性剤が汗と混ざって、皮膚から体に入っているのと、衣服に残っている洗剤分が皮膚に触れ、かゆみやブツブツが手でいる可能性があります。

毎年暑くなってくる背中にブツブツが出来るということ。頭の中にも赤みがあるということから考えても、シャンプーの合成界面活性剤についても見直してみる方がいいですね。

 

水分量は、量的にはOKだと思います。

牛乳のアレルギーがなければ大丈夫ですが、出来ればミネラルウォーターか水分子の小さい水を飲むと、体の細胞に届くと思います。

牛乳を飲むことが、カルシウム摂取の事を一番に考えて・・ということならば、ちりめんじゃこや小松菜、ヨーグルト等からでも十分にとれますよ(^-^)

 

Sさんの場合、洗濯洗剤、体用洗剤、シャンプーの見直しをおすすめします。

成分のことなど分からない場合は、いつでもまたご相談ください。

肌育コラム

肌育相談

お問い合わせ

管理肌育学士について

管理肌育士専任講師の紹介

賛助会員の紹介

スキンケア推奨商品 日本肌育学会認可

運営団体情報

肌育とは

すこやかな肌を育てること。それは、すこやかな子どもの未来を育むこと。

詳細はこちら

日本肌育学会について

肌育の普及と、管理肌育学士の養成を行います。

詳細はこちら

モバイルサイト hadachie.com/mb/

FM KITAQ「We love children~ラブ・チル~」代表 山本が出演中